エデュテコラム

エデュテ子育て学 コラム


コラム① なぜ0歳から3歳の知育が大切なのか

数学が得意、走るのが好きなど人の能力は
脳細胞にあるシナプスのつながりによって決まります。

生まれた時にある脳細胞の数は人間ほとんど一緒なのですが
生まれたから外部から与えられる刺激によって
シナプスのつながり方が変わってきます。

ですので、おもちゃを使って、目や指から刺激をたくさん与えたり
ママやパパとコミュニケーションをとることが大切なのです。

ちなみにシナプスの繋がりがもっとも多くできるのが0歳から3歳の頃です。

考えてみれば、生まれたときは何もできない赤ちゃんが、3歳のころには
しゃべれるようになり走っているのですからすごいスピードで
発達するわけですよね。

ぜひ、小さいころには良質なおもちゃで遊ばせてあげてください。
0歳児に人気の知育玩具や、木のおもちゃはこちらです。



シナプスについてのコラム
KOROKOROパズルの写真
KOROKOROパズル
ラトルTOWERの写真
ラトルTOWER
3RINGSラトルの写真
3RINGS ラトル
SOUNDブロックスLargeの写真
SOUNDブロックスLarge

コラム② 究極で最高の知育玩具 積み木の誕生背景

積み木の歴史は古そうに見えてそう古くありません。
教育玩具として開発されたのは1838年でドイツのフレーベルが
開発したのが最初といわれています。

フレーベルは幼稚園という言葉を作った人としても有名です。

教育のための玩具として球や立方体などの数学的な原理の学習や
生活の周囲にあるものをそれで表現したりして遊ぶために
積み木を開発しました。

彼の理念は「子供は神様から与えられた創造的な生き物で
この創造力を育んでいくには遊びを中心とした教育をするべき」
と考え世界初の幼稚園のカリキュラムや教育玩具の積み木を開発しました。

世界で初めての幼稚園のカリキュラムを作り
教育玩具としての積み木を開発しました。

遊びながら学ぶことを追求するところが
エデュテの理念とよく似ていますね。
エデュテで人気の積み木はこちらです。



積み木についてのコラム
クリエイティブブロックスの写真
クリエイティブブロックス
ABCブロックスの写真
ABCブロックス
カラフルキャッスルの写真
カラフルキャッスル
SOUNDブロックスLargeの写真
SOUNDブロックスLarge

コラム③ ファインモータースキル(FMS)とグロスモータースキル(GMS)

人の筋肉は走ったりするときに使う太もものように大きな動きをするものと
鉛筆を持ったり、針に糸を通したりするときに使う小さな動きのものに
分かれます。大きな動きがGMS、小さな動きがFMSと呼ばれます。

幼児期に必要なGMSははいはいしたり、歩いたりする中で養われますが
FMSは指先を使う遊び等をすることで養われます。

つまむ、まわす、スプーンや箸を使うなどの
こうしたFMSを使う動きは脳神経細胞の発達とも密接なつながりがあり
小さいころに意識して使えるようにしてあげることが将来に役立ちます。

エデュテのおもちゃは「指先を使う」すなわちFMSを鍛えるものが
たくさんあります。

0歳・1歳・2歳と年齢別で人気の知育玩具をご紹介します。
プレゼントにおすすめします。

0歳の誕生日プレゼントや出産祝いに
サウンドブロックス 10ヵ月から


1歳の誕生日プレゼントに
ベビーおままごと 18ヵ月から


2歳の誕生日プレゼントに
アクティブ消防車 2歳から


3歳の誕生日プレゼントに
カーペンターテーブル 3歳から


商品ページで指先の動きをぜひチェックしてみてください。
指先をいっぱい使う木のおもちゃばかりです。



ファインモータースキルのコラム
SOUNDブロックスの写真
SOUNDブロックス
ベビーOMAMAGOTOの写真
ベビーOMAMAGOTO
アクティブ消防車の写真
アクティブ消防車
カーペンターテーブルの写真
カーペンターテーブル

コラム④ なぜ小さいころにいろんな経験をさせることが大事?

脳科学的にみると人の脳細胞のつながりは10歳ころに最も多くのつながりが
あるといわれています。その後、脳はものごとを早く判断したり、
無駄なエネルギーを使わないために、使わない脳回路を切っていきます。

小さい頃に日本語と英語を話す両親に育てられた子供は英語と日本を
話せるようになりますが、大人になってから海外にいってもすぐに英語を
覚えられないのは、英語を話せるようになる脳のつながりが
すでにカットされているからなんですね。

子供のころはこの脳の回路がたくさん出来上がるときです。
これらの回路は外部からの刺激によってできていきますので、子供のころに
いろんなことを経験させ、脳を刺激していくことが大切なんですね。

語りかけ、読み聞かせ、子守歌、ふれあい遊び、お絵かき お歌
おままごと等、すべての遊びが脳のつながりを築く刺激になっています。

色んな知育がセットになった木のおもちゃはこちらです。



脳の発達のコラム
指先レッスンボックスパズルの写真
指先レッスンボックス
7in1アクティビティセンターの写真
7in1アクティビティセンター
トレーニングキューブの写真
トレーニングキューブ
ビジーベンチ&タワーの写真
ビジーベンチ&タワー

コラム⑤ 東大生が子供のころに遊んでいた知育玩具は?

東大生の家にあったおもちゃ1位は積み木でした。

昨年受験生のためのなんでも情報版
http://jukennsei.com
の記事の中で紹介されています。

現役東大生に家にあったおもちゃと書籍のアンケートをとった結果
なんと、おもちゃではの積み木が1位という結果だったのです。

積み木は様々な形を組み合わせ遊んでいくうちに
空間把握能力を育んでいくことができます。

数学の図形や物理の問題を解くには実際の世界でどんな風に
積み木が積み上げられるのかを遊びを通して
身に着けておくことが大切なんですね。

ちなみにエデュテのおすすめの知育のための積み木を
ご紹介します。



東大生も使っていた積み木のコラム
ベーシックスキルビルダーズの写真
ベーシックスキルビルダーズ

ベーシックブロックスオンウィールズの写真
ベーシックブロックスオンウィールズ
レインボーテキスチャーブロックスの写真
レインボーテキスチャーブロックス
スタッキング ジグソーズの写真
スタッキング ジグソーズ


コラム⑥ なぜ幼少期はほめて育てるが大切なのか

右にある脳の図をご覧ください。

一番上が18歳から25歳の大人
真ん中が11歳から13歳
一番下が8歳から9歳の脳です。

褒めたの時の反応が左側で
厳しくコメントした時の反応が右側
となっています。

脳の赤や黄色になっている部分が反応です。
この脳の反応を見てわかることは何でしょう?

下の段の8歳から9歳の脳を見ると、小さい頃は褒められることに
大きく反応し、厳しいコメント時には脳は全く反応していません。

要はガミガミ叱っても脳はスルーしちゃってるんですね。
イラっときてもぐっと我慢して、頑張ったときにたくさん褒める。
どーもそれが正解なようです。

知育玩具は子供の脳にいいだけでなく、親子のコミュニケーションにも
役立ちます。一緒に遊びながら、いっぱい褒めてあげてくださいね。
褒めるチャンスのいっぱいある知育玩具はこちら。



ほめた時の脳のコラム
ミュージックステーションの写真
ミュージックステーション
RAINBOW バランスの写真
RAINBOW バランス
Up In The Airの写真
Up In The Air
カーペンターテーブルの写真
カーペンターテーブル

コラム⑦ 蛙の子は蛙?とんびが鷹を産む?

この2つの相反することわざ、どっちが本当なのでしょうか?
答えは両方とも正解です。

人の個性や能力を形成するのは脳の役割です。
ではこの脳はどのように育っていくのか?
今脳科学で多く言われていることは
遺伝と経験50%ずつということです。

「お父さんが算数得意だったから子供も得意」
↑これはおそらく遺伝による影響でしょう。

「お父さんは勉強全然できなかったのに子供は優秀」
↑これはおそらく勉強する環境をつくってきた家庭の
努力のおかげです。

ですので、どれだけ親が優秀でもいい環境(経験)を
あたえてあげなければ脳は育ちませんし、

どれだけ親が勉強できなくてもたくさんの経験と
いい環境を与えてやることで、子供は変わっていきます。

親がこうだから・・・・という概念は
捨てちゃって「自分の子供に合う環境は?」を
考える方が大切です!

知育玩具や木のおもちゃを使って楽しみながら
色々な経験をする学習をする環境を作るならコレ!



才能は環境?遺伝?のコラム
ソート&カウントシティの写真
ソート&カウントシティ
7in1アクティビティセンターの写真
7in1アクティビティセンター
カウンティングタワーの写真
カウンティングタワー
ABCブロックス
ABCブロックス

コラム⑧ 子供の将来を真剣に考える親は何パーセント?

日本人の親で子供の将来を真剣に考える親は
わずか10%と言われています。

子供の将来はみんな考えるのですが
「具体的にこの子はこういうことが得意
だから習い事はこんなことさせて
学校と塾はこんな環境において…」

「将来は親の思い描く道3つくらいの中から
選択できるようになればいいなー」
ここまで考えませんよね。

これを真剣に考えるのがユダヤ人と華僑の人たちです。
国を持たない彼らは、自分たちで生きていくすべを
子供に教育していくことを真剣に取り組みます。

「コミュニケーションがうまく手際のいい子は商売の道へ、
算数が強い子は科学の道へ」

というように子供をよく観察しながらその子にあった道を
進ませます。

親の責任ってどこまであるの?成人させるだけでOK?
いやいや、大人になるまでに生きる力をあたえてあげること
それが親の役割ではないでしょうか?

子供の適正をよく見て、その子にあった子育てを考える
そんな視点で育児に取り組んでみませんか?

子供の適正を見つけるきっかけになるかもしれない
木製の知育玩具を紹介します。



子供の将来のコラム
ベビーABACUSの写真
ベビーABACUS
どうぶつ音楽会の写真
どうぶつ音楽会
マップパズルの写真
マップパズル
7in1アクティビティセンターの写真
7in1アクティビティセンター

コラム⑨ 苦手なことを得意にすることの難しさ

これ親は簡単にいっちゃうけど、なかなか難しいんですよね。
なぜか?それは脳の機能に裏付けられています。

人の得手不得手は脳内の神経細胞のつながりである
シナプスによって決まります。

たとえば 「トマトが嫌い」って子供がいるとしましょう。
その子の脳のどこかに、トマトを見た瞬間に、嫌いなものと認識する
シナプスのつながりができています。

このトマト嫌いのシナプスのつながり方を変えない限り、
克服することはできません。

じゃあどうするか?極端にいうと、トマトをおいしいとおもって
21日間毎食、食べ続けてください。そうすると、トマトって意外と
おいしいかも、と感じる新しいシナプスのつながりが形成され始めます。

でも、これを実践することを想像してみてください。
嫌いなものを21日間も毎食食べ続けるのは、なかなか厳しいですよね。
不得手を得手にするのはとても大変なことなのです。どうすればよいか?

①どうしても不得手であってこまることは小さいころに直す。
↑人の脳は大人になってからシナプスのつながりを変えるのが難しい。
ようにてきています。できれば10歳前までに苦手は克服した方がいいです

②不得意なことよりも得意なことをのばしてやる
↑これも人の脳の習性ですが、苦手なことよりも得意なことの方が
能力を伸ばすことができます。何が得かを幼少期に親がみつけてやって
そこを一生懸命伸ばしてやる。そんな子育てが大切です。

小さいうちに苦手なことを少なくする知育玩具のオススメはこちら。



苦手を克服のコラム
ソート&カウントシティの写真
ソート&カウントシティ
7in1アクティビティセンターの写真
7in1アクティビティセンター
カウンティングタワーの写真
カウンティングタワー
ABCブロックス
ABCブロックス

コラム⑩ 愛情がないと子供は育たない?!

赤ちゃんの脳を育てるのに一番重要なもの、それは周囲からの愛情です。
特に0から3歳までにたっぷり愛情を受けて育ったこと
そうでない子の差は歴然としたものがあります。

あるセミナーで聞いた話ですが、ナチスドイツの人体実験で
うまれたばかりの赤ちゃんに、ミルクとおむつを替えるだけしか
人と接触しない環境において育てる実験をしたところ、
その赤ちゃんは死んでしまった、という残酷なお話をきいたことがあります。

人とふれあうこと、愛情をたっぷりかけてあげることが
乳幼児にとってはとても大切です。

語りかけ、絵本のよみきかせ、ふれあい遊び、笑顔
スキンシップなど大切にしてくださいね。

親子で一緒に遊べる木製のおもちゃを紹介します。



愛情が大切のコラム
ゴルフセットの写真
ゴルフセット
RAINBOW バランス の写真
RAINBOW バランス
マザベルの写真
マザベル
カレイドファン
カレイドファン

コラム⑪ 幼少期にコミュニケーションの基礎を

エデュテ商品開発や研究にたまに活用するwebページに
東洋経済オンラインというのがあります。

その中に教育、キャリアのコーナーがあって
名門校で行われる特殊な授業が紹介されています。

http://toyokeizai.net/articles/-/176899
⬆︎の記事は灘中高で行われる数学の特別授業の記事です。

数学の難題を、折り紙を使ってグループワークで解いて行くのですが、
グループでやっているというところに着目しました。

三人寄れば文殊の知恵と言いますが、人はグループで作業を行ったほうが
より良い結果を出せることが多くあります。
複数の目線で物事を多面的に捉えることができるからです。

ましてや、天才的な学力を持った中高生たちが集まって議論した時は
その学びはびっくりするくらいのパワーでしょう。

グループワークは、学校でも社会でも必要で、その中で力を発揮するには、
人とのコミュニケーションの基礎を幼少期に身につけること、
また、自己肯定感をしっかり養うことが大切です。

僕の子供も今5歳の男の子。幼稚園に行けば喧嘩もするし、楽しい・悲しい
こともあるようですが、こうした経験を、親がしっかり見守ってやることが、
将来人と関わりながら生きていくには大切だと思います。

子供の頃にいろんな経験をさせ、親はある一定の距離感を持って
見つめてやることが肝要ではないでしょうか?

一人でするより家族や友人と知恵を出し合ったり
お話を考えて遊ぶと楽しいそんな知育玩具を紹介します。



コミュニケーションの基礎のコラム
ジオトリオの写真
ジオトリオ
ジオトリオの写真
ジオトリオ
スタッキングジグソーズの写真
スタッキングジグソーズ
カレイドファン
カレイドファン

コラム⑫ 教えるときに大切なことは?

息子のレンレン5歳が、テニスを習い始めました。
僕と同じテニススクールなので、先日練習を見に行って
コーチと子供のトレーニングについてお話ししてきました。

5歳の子供にスポーツ教えるのに何が大切なのか?
「一番は楽しいと思うことです。」
とコーチに言われ、非常に納得しました。

人の脳は楽しい=興味を持った時に、学びは増していきます。
逆につまらない、嫌だという感情がおこると学びはありません。

特に生まれてから10歳頃までは、親もこの楽しいと思えることに
大きく関与してきます。親から褒められることが大きな喜びである
この時期、努力したことに対してまず褒めてあげることが重要です。

まず褒める。
改善してほしいところがあればその次に話す。
これが効果的です。

これを自然に行えるようになるには、自分の子供のいいところを
30個言えるようにしておきましょう。
人は悪いとこ見つけるのは得意ですが、いいところ着目ができません。

自分のいいところ、30個あげてみてっと言われても
ほとんどの人が言葉に詰まってしまうでしょう。
それくらい褒めるって難しいんです。

でも普段から褒めるところを探していれば自然にできるようになります。
今日からすぐ取り組んでみてください。

褒める言葉をかけてあげやすい、知育玩具をご紹介します。



褒める大切さのコラム
ベビーファーストウォーカーの写真
ベビーファーストウォーカー
指先レッスンボックスの写真
指先レッスンボックス
カウンティングタワーの写真
カウンティングタワー
ベビーABACUS
ベビーABACUS

コラム⑬ シナプスの発達がすべて

人の脳細胞と脳細胞をつなぐ神経のことシナプスと言います。
赤ちゃんの脳は生まれたときには真っ白なキャンパスのようで
生きていくために必要な最低限のシナプスのつながりしかありません。

生まれたのちにた愛情をあたえられ、見たり聞いたり触ったり
人とコミュニケーションをとるうちにどんどん
シナプスのつながりを増やしていきます。

このシナプスのつながりが、人の能力の全てです。

走るのが早い人は、早く走れるシナプスのつながりがあり
数学が強い人 英語が上手な人、愛情たっぷりの人など
すべての個性はこのつながり方で決まります。

しかもこのつながりは子供のころにほぼ決まってしまうので
小さいころにいろいろな体験をさせてやることが大切なわけです。

子供たちにはできるだけいろんなことを
小さいころに経験させてあげたいですね。

色々な経験をさせてあげらたい時の知育玩具はこちらです。



求められる能力のコラム
カーペンターテーブルの写真
カーペンターテーブル
ファーストMUSIC SETの写真
ファーストMUSIC SET
ドールワゴンの写真
ドールワゴン
メインディッシュ
メインディッシュ

コラム⑭ 2045年頃ってどんな世界?

突然ですが「シンギュラリティー」という言葉聞いたことありますか?
「人工知能が人間の脳を超えること」です。
2045年あたりにやってくることが確実といわれています。

シンギュラリティーを迎えるにあたり、子供たちをどのような人材に
育てていくかが我が国の教育方針にも大きく影響しています。
なぜなら、シンギュラリティーを迎えた時に今ある多くの仕事が
人工知能にとって変わりなくなるといわれているからです。

先日、下村元文部科学大臣の講演をきいてきました。

2045年に人間に求められる能力

■1 クリエイティビティ― (何かを作り出す力)
■2 ホスピタリティー (人をお世話にしたり癒したりする力)
■3 マネージメント (人を管理し動かす力)

この3つが人工知能ではなく人が関与しなければならないところだそうです。

2045年頃は今生まれた子供たちが就職してバリバリ働きだす時期です。
次代をみすえて、どんな能力を子供につけていくのか
今よく考えて子育てしないとだめですね。

2045年に人間に求められる能力を育む
木製のおもちゃはこちらです。



人工知能の世界のコラム
クリエイティブブロックスの写真
クリエイティブブロックス
ミュージックステーションの写真
ミュージックステーション
ドールベッドの写真
ドールベッド
スマイリーシロフォン
スマイリーシロフォン

コラム⑮ 睡眠が大切な理由

寝る子は育つっていいますよね?
体をやすめるという基本的なことはもちろん
睡眠は脳にとって必要なんですね。

人は寝ている間夢を見ます。
夢は学んだことや体験したことを記憶として
整理するために生まれる現象なんです。

私たちってインパクトの強かったことは覚えていますが
どうでもいいことは忘れますよね。これは、脳がすべてのことを覚えている
キャパシティーはないので重要なことだけに絞って覚えるメカニズムなんです。

勉強するのに一番効率がいいのは集中力のある昼間勉強して、
夜は早めに寝ることです。遅くまで勉強は効率がよくないですね。

赤ちゃんの眠りの時間を快適にする
赤ちゃん用の寝袋をご紹介します。



赤ちゃんの睡眠のコラム
ジギーポップの写真
ジギーポップ
バジービの写真
バジービ
ハイバーネイト
ハイバーネイト
キッシングラビッツの写真
キッシングラビッツ

ページトップへ