絵本に集中しない子必見!興味をもたせる方法 – エデュテ本店

赤ちゃんの木のおもちゃ・知育玩具の公式通販エデュテ本店

在庫のある商品は平日12時までのご注文で即日発送3,980円以上で送料無料!

絵本に集中しない子必見!興味をもたせる方法

エデュテ

絵本を持ってくる子ども

赤ちゃんの頃からたくさん絵本を読み聞かせることで、語彙力や想像力、集中力などが高まり、発育のメリットが多い絵本。

また、ママとのコミュニケーションを育む大切な時間に。

しかし、読ませたい絵本はあるのに、子どもがなかなか集中して聞いてくれないことはありませんか?

読んでいる最中に気分が変わって嫌になったり、文章が長くて飽きてしまったりと、興味がないと見てくれないことも。

私の経験から改善された、絵本に興味をもたせる方法をご紹介します。

 

 

 

読み方を工夫して親しみをもたせる

 

人が出てくる絵本を読む場合、名前の部分を普段呼んでいる子どもの名前に変えてみると興味をもってくれ、喜んで聞いてくれます。

また、文章が敬語だと子どもは聞き慣れなかったり、少し距離感を感じてしまうことも。

話し言葉に変えることで、親しみを感じ、話に興味をもってもらえるきっかけになります。

最初は興味をもたない場合もありますが、何回も読み聞かせてあげることで聞いてくれる時間が長くなることもあります。

諦めずに読んでみてくださいね。

 

 

絵本を読む子供

 

 

文章にない表現を伝える

 

文章を読むとき、表現力や感情を込めて読むと興味をひきやすいですが、ママが疲れているときや、忙しい時間帯に読んでほしいと言われたときは、上手に読んであげることが難しいシチュエーションのときもありますよね。

そういうときは、絵本を読むというより、この子何してるのかな?これ何だっけ?というような質問を投げかることも、脳を使って考えるため、興味をひくことにもつながります。

 

 

 

子どもに絵本を見せて選ばせる

 

本屋さんに行ったら、子どもに絵本を選ばせてあげることも、興味を持ってもらえるポイントのひとつ。

意外と子どもには興味がなさそうにみえた絵本を選択することもあります。

新たな発見があり、親にとっても楽しいひとときに。

また、しかけ絵本は子どもに人気で、興味を持ってくれる確率が高く感じます。

絵本を開いてみると興味をもつこともあるので、開いて見せてあげることもおすすめです。図鑑でもしかけがある本は多いので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 

読み聞かせて興味を広げよう

 

いろんな絵本を読むことで、子どもの興味の幅が広がり、知識やコミュニケーションがさらに増える絶好の機会です。

まだ言語が分からない時期でも、たくさん脳を使って吸収していますよ。

年齢や月齢に限らず、さまざまな絵本を読み聞かせてあげてくださいね。

 

 

 

 

赤ちゃんの頃からたくさん絵本を読み聞かせることで、語彙力や想像力、集中力などが高まり、発育のメリットが多い絵本。 また、ママとのコミュニケーションを育む大切な時間に。 しかし、読ませたい絵本はあるのに、子どもがなかなか集 […]