2歳初めてのおとまり ~ひとりで平気だもん!~ – エデュテ本店

赤ちゃんの木のおもちゃ・知育玩具の公式通販エデュテ本店

在庫のある商品は平日12時までのご注文で即日発送3,980円以上で送料無料!

2歳初めてのおとまり ~ひとりで平気だもん!~

エデュテ

リュックを背負った子ども

これは息子が2歳8ヵ月の時に1人で祖母宅にお泊りしたある日の出来事です。

 

いつものように私の土曜勤務の日に祖母(私の母)に保育園の迎えをお願いしていました。土曜保育の園児が少ないのもあり、なるべく早めに降園できるように、電車で1時間の距離にいる祖母に迎えに行ってもらう事が年に数回ありました。それ以外にも時々遊びに来てくれる、息子と祖母の関係はそんな感じでした。

 

 

 

いつもの流れのはずが…

 

 

その日も仕事を終え帰宅すると3人で夕食を食べてから祖母が自宅に帰る、といういつもの土曜日だと思っていたのです。

ところが、その日は突然「ばばちゃんといっしょにいく!」と祖母の帰り支度に合わせて、息子も出掛ける気満々に。

この数時間後、自分がソワソワして落ち着かなくなるとは想像もせずに、息子の突然の発言がなんだか面白くて、『あら、そう?』と息子のリュックにお泊り支度をし始める私でした。

とは言え、もう夜なので私は今から出掛けるのは避けたく、私が行かないと言えば息子も行かないかな?と思っていました。

 

 

 

あれ?本当に行っちゃう感じ?

 

手をつなぐ親子

 

簡単に荷物をまとめるふりをしつつ、『もうよるだから、おかあさんはいけないよ?』と伝えるもなんのその。

「ばばちゃんいこう!」とやる気満々で玄関に向かい靴を履こうとする息子。

あれ?これはもしかして本気??と思いつつ、息子の様子を見守る祖母と私。(一応、祖母には本当に行っても大丈夫?と確認しました。)

そして、あれよあれよという間に、本当に行く事に。

本当に行くならばあれもこれも必要!と慌てて追加の荷物をまとめ、祖母に手渡すや否や「いってきまーす♪」と元気いっぱいな息子でした。

 

 

 

ソワソワが止まらない!

 

考える女性

 

あっという間に話が進み、祖母には途中で泣いたら終電前であれば追いかけること、間に合わなかったら始発で行くことを伝え、見送りました。様子を伺う連絡も途中何度か取りました。

私は突如、久しぶりに1人になったリビングでのんびりしようと思いつつも、まだ2歳だし、きっとすぐに連絡が入るだろうと待ち構えていましたが、ヘルプの連絡は入りませんでした。

私の実家で祖母と一緒にお風呂に入り、寝たという連絡をもらいホッとしつつも、大丈夫かな?と終電の時間まで待機し、のんびりのかけらも無い時間を過ごしました。

終電の時間も過ぎてしまったので、朝起きたら迎えに行こうと布団に就くも、まだ連絡が入るのではないかとソワソワが止まらない私でした。

 

 

 

 

翌朝…感動の再会かと思いきや

 

高い高いする親子

 

朝起きて状況を把握し泣いてないかな?と心配を抱えながら、翌朝急いで実家に向かうと、「おかあさん!どこいってたの?」と、まるでいつも通りに過ごし、私が出かけていたかのような言い方で、元気に遊んでいた息子。こんなものなのかと拍子抜けしました。

後で聞くと、夜に「おかあさんは?」と言ったようですが、1人で来たことの経緯を話すと、その後は言わず、一度も泣かずに過ごせたそうです。

 

 

 

子どものやる気を大切に

 

虹の青空

 

我が子のやる気はすごいなと脱帽した出来事でした。

祖母が同伴とは言え、こんな小さな子が自分から母と離れることを選択し驚いたと同時に、どのような選択であれ、それを実現できるように支えることが親や周りの大人の役目なのだと思いました。

信じてもらい応援されることは、子どもにとって、きっと大きな力になると思います。

 

ライター タナカ メグミ

 

 

これは息子が2歳8ヵ月の時に1人で祖母宅にお泊りしたある日の出来事です。   いつものように私の土曜勤務の日に祖母(私の母)に保育園の迎えをお願いしていました。土曜保育の園児が少ないのもあり、なるべく早めに降園 […]