外食で一緒に食べられるのはいつから?選び方をご紹介 – エデュテ本店

赤ちゃんの木のおもちゃ・知育玩具の公式通販エデュテ本店

在庫のある商品は平日12時までのご注文で即日発送3,980円以上で送料無料!

外食で一緒に食べられるのはいつから?選び方をご紹介

杉谷

外食で一緒に食べられるのはいつから?選び方をご紹介

産後、体調が落ち着いてくると、親戚や友人に会える機会が増えますよね。

いざ、外食に出掛けると、離乳食のうちはベビーフードを持ち込めるお店も多いですが、幼児食になると市販品も少なく、お店への持ち込みも難しいですよね。

では、いつから外食のメニューをシェアして楽しめるのでしょうか。お店のメニュー内容にもよりますが、幼児食が始まったころからが望ましいとされます。

外食は、味付けが濃く感じる料理が多いため、きちんと選んで与えるようにしましょう。ただ、新たな味や食材、食感にも出会える良い機会です。ぜひ、味覚を広げる場として利用してみてくださいね。

 

外食で一緒に食べられるのはいつから?選び方をご紹介

 

メニュー選びの工夫とは

 

一番与えやすいメニューは、離乳食から食べ慣れている和食料理とされます。

うどんやごはんなどの炭水化物は、離乳食完了期からでも食べられますよ。

また、ブッフェ形式のお店だと、ママもストレスなく料理が選べるため、おすすめです。

メニューは、お子様ランチを頼むより、大人の料理から取り分けを行いましょう。

お子様ランチは、栄養バランスの良い献立というより、子どもが好きなメニューの組み合わせであることが多いように感じます。

なるべくママが子どもに与えやすい料理を選び、生ものでない食材やアレルギー性のないものを確認しながら、取り分けるよう心掛けましょう。

 

調理法も意識にする

 

外食は、味つけが濃く感じるほかに、油も多めに使われているお店が多い印象です。

子どもにとって、油は体内で消化しにくく、腸内環境も悪化してしまう原因に。

せっかく美味しくごはんを食べても、栄養が吸収されづらくなってしまうのは勿体ないですよね。

そこで、意識すべきポイントは調理法です。揚げ物より、焼き物や煮物などを選ぶようにしましょう。

また、揚げた油は何度も再利用され、酸化してしまっていることもあります。

酸化した油も、体内に残りやすく、後に炎症やアレルギーの原因になることもあるため、注意が必要です。

油をあまり使っていない料理を選ぶように意識しましょう。

 

外食前に与えてしまうのもおすすめ

 

取り分けで与えることを考えると、お店やメニュー選びも気を遣い、せっかくの外食もあまり楽しめませんよね。

思いっきり外食を楽しみたいときは、先に子どもにご飯を与えてしまう手もあります。

先に、デパートなどにある離乳食や幼児食を与えられるスペースで与えたり、家で食べさせておくと、気兼ねなくお店も選べますよ。

子どものお弁当を用意する時間のない時は、お総菜売り場やおにぎり屋さんで購入して対応できるため、手間も荷物も増えずに済みます。

外食中は、飽きないようにおもちゃや塗り絵など持参し、遊んでいてもらいましょう。

 

外食を味方につけよう

 

子どもの事を考えると意識したいこともありますが、外食は貴重なママの息抜きのひととき。

ママのストレスにならないよう、実践できることはしてみてくださいね。

また、普段家ではあまり作らない料理や食材も、子どもにとっては新たに好きな味になる可能性もあるため、そんな発見も感じ、良い収穫にしてくださいね。

産後、体調が落ち着いてくると、親戚や友人に会える機会が増えますよね。 いざ、外食に出掛けると、離乳食のうちはベビーフードを持ち込めるお店も多いですが、幼児食になると市販品も少なく、お店への持ち込みも難しいですよね。 では […]