子どもの脳を更に活性化する食品とは – エデュテ本店

赤ちゃんの木のおもちゃ・知育玩具の公式通販エデュテ本店

在庫のある商品は平日12時までのご注文で即日発送3,980円以上で送料無料!

子どもの脳を更に活性化する食品とは

たまちゃん

子どもの脳を活性化させるには

 

幼児教室などの習いごとや、小さい頃から何をさせるか、何を学ばせるかなど、子どもの未来を広げるために、たくさん悩みますよね。

 

子どもが集中し、記憶力を身につけ、脳を鍛える力は、実は食事からのサポートもとても大切です。

 

今回は、脳を活性化してくれる食品をご紹介します。

 

 

 

 

脳を作る「たんぱく質」を取り入れよう

 

 

 

たんぱく質は、魚や肉、卵や大豆製品、乳製品などに多く含まれます。

現代の人は、肉の摂りすぎと言われているため、食卓では栄養バランスを摂るためにも、魚も積極的に摂ることをおすすめします。

 

また、肉は脂肪分を多く含む部位もあるため、なるべく脂を取り除き与えてくださいね。

 

魚料理を頻繁に出せる余裕が無いというご家庭は、しらすや桜えびなどの小魚や、ツナ缶などをストックしておくと便利です。

 

 

 

 

 

脳をスムーズに働かせる「良質油」を取り入れよう

 

食べることで子どもの脳が活性化されます。
脳をスムーズに働かせる「良質油」

 

脳を作るもうひとつ大事な材料は、三大栄養素でもある脂質

特に、良質な油が脳を柔軟にし、集中力や記憶力を更に高めてくれる効果があります。

 

魚油は、脳を柔軟にするサポート役となります。

普段、何気なく使ってる油は、なるべく自然なものからできてる胡麻油や米油などがおすすめです。

遺伝子組み換えされている商品や、漂白などの工程を重ねて作られてる油の摂りすぎは、脳をかたくしてしまうため、なるべく控えるようにしましょう。

 

また、揚げ物や時間のたった油料理は酸化しやすく、質が悪くなってしまいます。

早めに食べるように心掛けてくださいね。

 

 

 

 

 

 

そのほかに脳に良い食材とは

 

たんぱく質である卵や大豆製品も、実は良質な油が含まれます。

これらは、高たんぱくでビタミンやミネラルといった栄養を含むほかに、良質な油も含むため、脳の活性化に良い効果が発揮されます。

特に、3歳までは脳のベースが作られると言われるため、大切な時期です。

アレルギー性のない限りは、与えてくださいね。

 

また、糖質も脳にとって大事な栄養です。

炭水化物はあまり控えず、朝ごはんにもご飯を食べるように心掛けましょう。

 

 

 

 

 

 

栄養をとって脳を鍛えよう

 

習いごとや勉強のほかにも、食事から栄養をきちんと摂ることで脳を活性化してくれる効果があります。

 

また、たんぱく質は脳の発達以外にも、身体のベースを作る役割があるので、まだ身体が未発達の乳幼児期には積極的に摂りたい栄養です。

 

ぜひ、内側からのサポートで柔軟な脳を作るために摂り入れてみてくださいね。

 

 

 

 

 

栄養をとって脳を鍛えよう

習いごとや勉強のほかにも、食事から栄養をきちんと摂ることで脳を活性化してくれる効果があります。
また、たんぱく質は脳の発達以外にも、身体のベースを作る役割があるので、まだ身体が未発達の乳幼児期には積極的に摂りたい栄養です。
ぜひ、内側からのサポートで柔軟な脳を作るために摂り入れてみてくださいね。